健康」カテゴリーアーカイブ

半年ほどの転職活動をしたけど、35才を過ぎると求職が少ない

半年ほどの転職活動をしてみましたが、私が実感したのは35才以上の求職案件が少なすぎるという現実でした。 続きを読む

もうすぐ子供が生まれる三十路男性の転職活動

もうすぐ子供が生まれまずが、今の職場に満足できないので、転職をしようと思います。 続きを読む

ウエイト節約にヤバイ有用だと窺えるアクションの振舞いは

行為欠陥等により下半身の筋組合がパワーダウンしてきたパターン、散策ら必要な、大股は易しくなくなってしまいます。日常のウォーキングを脂肪ダイエットへも使いこなす為に、筋肉の感情も一緒にアップさせるのが必要なのです。 続きを読む

小学生が痩せている人が多いのは体育の時間の縄跳びのおかげ?

小学生が痩せている人が多いのは定期的に運動ができる体育の時間があるからだと思います。大人になるとそういうこって自分で通らないといけませんもんね。 続きを読む

あまり効果が無いのではないか?と言われているサプリメント

世の中に販売されていて、これはあまり効果が無いのではないか?と言われているサプリメントがあります。 続きを読む

敬遠される前に対策を講じたい加齢臭について

老化と共にいわばミドル脂臭と言われるニオイが気になってきます。自分ではあまり分からずとも周囲にたちまち気づかれて、敬遠されるものです。男女は関係なく気がかりな体の臭いの効果的な軽減の為のノウハウをリサーチしておくべきです。 続きを読む

腰痛の種類は多い

腰痛とともに足(下肢)に痛みやしびれ、麻痺などが起こる下肢症状があるかないかによって、その腰痛の原因も大きく異なり、医師が行なう治療方法もも当然異なります。
一般的な腰痛では、下肢(根性坐骨神経痛)を伴わない腰痛、いわゆる「腰痛症」といわれておるものがほとんどです。これは病名という「症候補」といっていいでしょう。なぜなら、この症状の腰痛にはいろいろな原因が含まれているからです。
この腰痛には、明らかな原因が特定することができないので、レントゲン検査でも異常が認められない、いわゆゆる「腰痛症」があり、またレントゲン検査で脊椎に異常が認められる変形性腰痛症状、一部の脊椎すべり症なども含まれます。さらに、いわゆる「ぎっくり腰」も含まれます。また、痛みは急性の腰痛ほど激しくはないのですが、たびたび繰り返して痛くなる腰痛もあります。この慢性の腰痛症は、不良姿勢、同じ姿勢を長時間続けた場合、腰痛の加齢的変化などによって、起こります。
中川卓爾の「中川式腰痛治療法」

「病は気から」は本当なのか

「病は気から」という言葉をご存知でしょうか?有名な言葉なので、ご存知の方は多いと思いますが、正しい意味を知っている人は少ないように感じます。一般的には気持ちが落ち込んだり、塞ぎ込んだりすると体調が崩れ病気がちになるといった使われ方がほとんどではないでしょうか? 続きを読む

ファンデを毎日、塗ると、顎ニキビができやすくなるって言われました

ファンデを毎日塗っていると顎ニキビができやすくなるって噂を聞きましたが

本当なのでしょうか?また、食事の栄養のバランスも影響しているそうです。 続きを読む

食事制限だけではキレイに痩せられない!コンビニには添加物たっぷりの物ばかり!適度な運動をしながら自炊をする事が大切。

今までは摂取カロリーを大幅に下げればすぐに痩せられると思っていました。痩せるは痩せるけど、リバウンドもしやすく、筋肉なども一緒に落ちてしまうので痩せるというよりは痩せこけるという状態になってしまうという事を知りました。 続きを読む