S.S.C.方式って どうなんでしょう?

脱毛サロンの多くが光脱毛とかフラッシュ脱毛とか言ってるなかで
ミュゼプラチナムはS.S.C.方式の脱毛と言ってます。
脱毛する場所に脱毛や美肌に効果のあるジェルを塗って、
そこに光(ミュゼではライトと言ってる)を当てて
ジェルと光の両方の相乗効果で脱毛するようです。
脱毛するというか、何回か通ううちに、だんだんムダ毛が
細くなって抜けていくイメージみたい。
S.S.C.方式の一番のウリは、とにかく痛くないこと。
経験した人に聞くと、ほとんど痛くないというより
まったく痛くないという方が正確みたいです。
でもこれ脱毛効果のほどはいかがなものなのでしょうか?
なんか肌に痛い方が効果が高い気がしません?
たとえば永久脱毛できるほど効果の高い医療レーザー脱毛は
それなりにとっても痛いそうですし。
それよりは効果の低い普通の脱毛サロンは、それほど痛くない。
いずれにしても医療レーザー脱毛でも光脱毛やフラッシュ脱毛も
ムダ毛やその毛根の黒い色(メラニン?)に反応して、
その細胞を破壊していくので、少しは痛いのが普通だと思うんですけどね。
S.S.C.方式がまったく痛くないって、どういうこと?
本当に効くの?
なんとなく疑いの目で見てしまいます。
ミュゼに予約

コメントは停止中です。