ブラックリストに名前がある顧客にも融資をすることがあります

キャッシングブラックになった人が、新規の融資を受けたいと思ったら、何か手立てはあるでしょうか。返済に行き詰まって債務整理をすることになったり、返済を滞らせたことがあると、信用情報会社にその記録が残ります。
この状態が、一般的に、ブラックリストに入ったという表現をされています。融資を行う時には、確実に返済する人に貸すことが原則なので、信用情報会社の蓄積する過去の利用履歴は審査の時点で確認されます。今まで返済がうまくいかなかったことがある人は、返済能力が疑わしいと判断されます。ただし、金融会社の中には、ブラックリストに名前がある顧客にも融資をすることがあります。キャッシングのブラックに対しても、小さな金融会社はお金を貸してくれる可能性が少なからずあります。審査が甘いといっても、必ずしも融資をしてもらえるとは限りません。現在進行形で返済を滞らせているような人には融資は行われません。ブラック入りしている人でも、延滞まではOKで、自己破産経験がある人は問答無用で融資なしという判断をする金融会社もあります。自己破産や、長期延滞の履歴がある人に融資する金融会社が見つかっても、金融業の許可を得て適正な営業をしている会社かは別問題です。融資先が見つからないブラック状態の人に言葉巧みに近づいて、違法の高金利で融資をしてくるような闇金融もありますので注意してください。確実に返済できる範囲でのみお金を借りて、返済不能状態に陥らないようにすることが、ブラックリスト入りを防ぐためには重要になります。

コメントは停止中です。