スギ花粉症を子供の時から患っていた私の体験

私は子供の頃からスギ花粉症を患っています。小学校の頃も季節が来るとティッシュが手放せず、鼻水を流しながら授業を受ける事もザラでした。

毎年のようにくしゃみや鼻水に悩まされて来た私ですが、もはや当たり前の事となり、半ば諦めに近い気持ちと今年は症状がまだ出て居ない、このくしゃみや鼻水はまだ違うんだと自己暗示をかけるようにして騙し騙し生活して来ました。しかし花粉シーズンの本番を迎えるとそんな事を言っていられなくなる程に症状が酷くなり、勉強や仕事、更には日常生活まで影響を及ぼす程でした。そんな私ですが今まで対策をしなかったわけではありません。子供の頃はシソが花粉症に効くという事でエキスを溶かした飲み物を飲んだり、鼻水をかむと余計に酷くなってしまうのであえて鼻水をかまずにティッシュで拭き取るのみにしたりといった症状を抑える努力や症状を悪化させない努力両面から花粉症をどうにかしようとしていました。しかし年齢を重ねても結局花粉症が良くなる事もなく、変わったのは症状が出やすい部位が鼻水や喉の腫れ中心だったのが鼻水とくしゃみに変化したぐらいでした。しかし最近気付いた事があります。前は花粉症の季節が来たら薬を貰うといった感じだったのを、半ばヤケクソ気味に早くから薬を貰って飲んでみると体感的に少し楽になりました。毎年重い症状が出ていたので、恐らくこれは花粉の量を差し引いても症状を抑える事に効果があったのでは、と思います。そうは言っても花粉症が治ったわけではありませんが、花粉症との付き合い方をもっと上手く出来ればと思います。一つには、体質を変えること。最近サプリメントでAGESTのお試しをしていますが、良い感じ。鼻炎に直接効果があるわけではないけど、全体的に体の健康面が改善されたような感じ。朝の重だるさとかは、解消したような気がします。こちらもしばらく続けていこうかなと思います。

コメントは停止中です。