加齢だけではない頬のたるみの原因

頬のたるみは、年をとったことでも起きますが、さほど年配者でなくても、頬がたるんでいることは少なくありません。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの保湿成分が不足していると、皮膚の弾力は保持できなくなります。肌の保湿力を担っている成分が不足すれば、弾力が低下して肌のハリかなくなり、たるみやすくなります。

加齢だけが原因ではなく、紫外線の影響や生活習慣によっても起こります。皮膚のたるみは、ディスプレイ作業を一日じゅうしていたり、目に負荷をかけていることも関係します。作業中、背を屈めていると血流が悪くなったり、代謝の低下を引き起こすことがあります。全身の血液の巡りが悪くなったり、身体に負担の大きな姿勢をしがちになるので、頬のたるみがより目立つようになります。常日頃、猫背や、体の片側に重心を置いた姿勢でいつづけると、身体に歪みが現れて、皮膚のたるみがわかりやすくなります。体を支える筋肉や、普段は負担がかからないはずの筋肉など、もともとある筋肉を使わなくなることが猫背のデメリットです。頬のたるみを解消するうえでやってはいけないのは、脂肪に変わりやすい脂質、油分、糖質の過剰摂取です。油分も、脂質も、ある程度は摂取しないと身体機能を維持することは難しいので、体が欲する分は補給する必要がありますが、必要以上は食べたくてもガマンすることです。頬のたるみを解消するためにマッサージを施すという方法もありますが、皮膚を強く擦ったり、引っ張ったりすると、肌を傷めますので要注意です。
顔汗抑える

コメントは停止中です。